07
2019
03

1976年のパテック・フィリップのオウムガイの3700

前世紀の70年代、石英の技術は日に日に活発で、伝統の機械の表を作成する商達も次にだんだん改めて或いはしっかり守って消費者達の関心がありを得るために慌てて、パテック・フィリップのオウムガイ、これは時計界の教父級の人物の傑の羅尊達先生の設計する腕時計のシリーズから、これ石英のあらしのためです招く表す界で揺れ動いている年代に誕生します。

 

42mmのサイズの大きさ、殻の両側を表してまるで耳の普通な謎のがこのような尋常でない設計に盛り上がりをさらに加えて、どれがひとつのその時に置くのであろうとのがすべて絶対に不思議なものの存在です。しかしこの型番は3700のオウムガイの腕時計の最大の“輝点”で、そのガンダムの2350ドルの売価で、さすがにその年代にあって、圧倒的多数の消費者達はすでに眼光を価格のもっと安い石英の市場の中に転向して、精密な鋼材の本質的で豪快な華表のモデルはとてもめったにないと言うことができます。

07
2019
03

バセロン・コンスタンチンはPatrimonyを発表してシリーズを伝承します

2017年にジュネーブ国際高級の時計展(SIHH)のがモデルを予熱するとして、バセロン・コンスタンチンはまた注目したのとに行うように出します――Patrimonyはシリーズの月相を伝承して逆なのとカレンダーを跳びます。この全く新しい時計算してPatrimonyに続いてシリーズの一貫している純粋でシンプルな風格を伝承して、月相の損益はと月の齢にありありと時計の文字盤の上で表示して、122年にいかなる矯正を行う必要はありません。バセロン・コンスタンチンがまた(まだ)この優雅で人を魅惑する複雑な機能を逆なのとカレンダーに跳んで互いに結合することを表示して、数字1~31の目盛りは時計の文字盤の上半部分のアーチ型地区で表示します。Patrimonyはシリーズの月相を伝承して逆なのとカレンダーを跳んでブランドを搭載してチップを自製して、しかも高貴なジュネーブの印を通じて(通って)認証して、並外れている風格はすっかり公にします。

07
2019
03

Sébastien Bertrand Galleryは芸術家WalterRobinsonに任せて展覧して勇敢にを奪いますPrix Solo artgenève -F.P.Journe賞

2017年度artgenèveは芸術展は現代1月26日から続けざまで4日休日にNevaPalexpoはします。以前、F.が全く同様ですP.Journeは28の展示に参加する芸の廊下から最も優秀な1つの特別テーマを当選しだして展覧して、公布してを与えますPrix Solo artgenève-F.P.Journe賞。今年Sébastien Bertrand芸の廊下は芸術家Walter Robinson作品展に任せて勇敢に特別の光栄を奪います。

 

Prix Solo artgenève–F.P.Journe賞のはヨーロッパの芸術界の三大重要人物が構成するから団を審議します──François Pinault秘蔵品の展覧したのは展人Caroline Bourgeois、ジュネーブ現代芸術センターの総監督LionelBovierとニューヨーク新美術館の館長Johanna Burtonを鞭打ちます。F.P.Journeは受賞組織の手の上からWalterRobinsonの2つの作品の《Confessionsof apsychiatrist》と《AndaWoman》(2016年を引き受けて、プラスチックの色彩の布の本)、続いて寄付してジュネーブの現代の芸術の基金を贈ります。

06
2019
03

暗黒に、コルムの全く新しいBubbleフローティング陀はずみ車を惑わします

Bubble泡のシリーズの47ミリメートルのフローティング陀はずみ車の腕時計は最も人の注目を引いて、時計の文字盤の上で神秘的な髑髏のトーテムに勝るものはないで、ぴかぴか光って明快なバラの金で殻を表してめぐっておりて、髑髏の深い空洞の目のひとみはつける者をじっと眺めていて、開け放すあごの重ね着はフローティング陀はずみ車を載せていて、彷仏陀ははっきりしている髑髏を貫いて、便はCORUMコルムの人の神の謎をさせるトップクラスの表を作成する技術とマイクロマシンの世界です。


06
2019
03

Premièreサイドオープンのツバキの腕時計

今年、30周年Première腕時計を紀念するため、独特で景を望んで、Premièreサイドオープンのツバキの腕時計を出します。この独特な作品はCHANELを搭載してチップCalibre2を自製して、しなやかに気持ちが良くいくらのツバキの形を描き出します。この深い黒色のサイドオープンは組み合わせの宝石を設置して象眼して、風格が独特で、ブランドのクラシックのトーテムを演繹します。その設計は源を発して芳で広場CHANELアイデアの仕事部屋に登って、そして渡してスイスChâtelain時計工場の構想、研究開発、から組み立てを監視し抑制しておよび、Calibre 2の設計の精髄は完全にCHANELアイデアの仕事部屋の自由な作品の精神を体現しています。

06
2019
03

雪の鉄の刺し縫いするDS-1ヒマラヤのシリーズの特別な版の腕時計

雪の鉄の刺し縫いするDS―1ヒマラヤのシリーズの特別な版の腕時計、第1モデルの雪の鉄の刺し縫いするDS腕時計が探険隊について行って1960年に初めてがみごとにダウラギリ山(Dhaulagiri)に頂上に昇りを紀念します。1960年代実務に励み、自信を持つ風格に現れ出て、才気が溢れるエクスプローラーに付き添って光り輝く業績に向かいます。少し復古の外観を現して時計算する悠久の歴史に敬意を表現して、80時間の動力の貯蓄するPowermatic80チップはまた腕時計締めるのと時代の潮流をさせます。

05
2019
03

高珀富斯、PhilippeDufourおよび、MichelBoulanger、陀はずみ車

高珀富斯、PhilippeDufourおよび、MichelBoulanger、陀はずみ車

中隊の使用人の11、296、000の香港ドルを取引が成立します

(リアルタイムの為替レートの1、461、507のドル)

18Kプラチナは殻、2016年製造を表します

2016年5月30日、香港、良い士はオークションしなければなりません


この時計は私のとても早い時にジュネーブで会ったことがあって、そのとても大きい体積(直径が45mmがある)、そのきわめて粗くて素朴な造型(効果を磨き上げるのと)と、これに加えてそれのたいへん誇張した定価、私に泥棒の深い印象を残しをあげます。当時その表を作成する師MichelBoulanger長兄はSIHHで展の一角を表して、1つの“トイレ”の位置があります。あの日、有名なブローカーR先生は私を連れていて、この時計を紹介して、定価の3百万人民元が上(に向って具体的な数字が肯定して覚えていないのを申しわけなく思うと言って、ユーロで計算して)、その時私は感じて、私は行きます!あなたのこのTMは気が狂ってで、お金を奪い取りますか?ある日たとえ私は座って30億囲みますとしても、すべてこの時計を買うことはでき(ありえ)ないです。当然で、とても明らかに、私は30億ありません……

05
2019
03

パテック・フィリップの時間単位の計算の万年暦

中隊の使用人の11、002、000の瑞郎を取引が成立します

(およそ11、008、601のドルの、非リアルタイムの為替レートのようです)

ステンレスは殻、通し番号Ref.を表します1518A,1943年に製造します

2016年11月の13日、ジュネーブ、Phillipsオークション

Ref.1518はパテック・フィリップの時間単位の計算の万年暦の第1世代で、全部で281匹生産しました。当時時間単位の計算+万年暦のこのような複雑な組合せのブランドをすることができて、1匹の手はすべて出て来ないをの数えて、パテック・フィリップはもちろん。Ref.1518はたくさん殻の材質を表す18K黄の金紅金などがあって、でもそれは今まで目下の人、第二世代の万年暦の時間単位の計算にRef.を表2499は社会的地位(大きい確率)を抑えて、サイズが比較的より小さいためです。今回のステンレスは殻を表して世の中が現れて、晴れ晴れして意気が上がって、1剣が盛んです。このように法外な値段の時計のモデルはまた(まだ)なんと1匹しかないのではなくて、4匹です。原本のこの4匹の時計がすべて散るのがイタリアチベット家で手だ;この匹の運命はこのような事のです:

05
2019
03

それを付けていっしょに旅行パテック・フィリップにCalatrava飛行を家を旅行時間を腕時計を行きます

“本当にパテック・フィリップを持つことができる人がなくて、次世代ためにただ保管するだけ。”スイスの有名な時計のブランドとして、“腕時計の中の青い血の貴族”、パテック・フィリップは非凡な表を作成する技巧に頼って、一モデル一モデルを製造しだして人のはなやかな作品を譲ります。2015年の時、パテック・フィリップが近代の歴史を出した上にブランドの第一モデルのパイロットは表して、Calatravaシリーズの中で唯一の1モデルのスポーツの風格の腕時計です。今のところ、パテック・フィリップはもとは時計の基礎の上でバラの金版が新たに増加して、メンズとレディースを含みます。続いて私達はいっしょに称賛パテック・フィリップのこのCalatrava飛行家の旅行時間の腕時計に来ます。(腕時計の型番:メンズの5524R―001レディースの7234R―001)

04
2019
03

ケリーは万年暦の腕時計の10306にちょっと止まります

今年度、ケリーにちょっと止まらせた並外れている型のシリーズのために更に豊富で、名士は1モデルのきんでている万年暦の腕時計を出します。万年暦のこのとてもすばらしい時計の複雑な機能は一つの試練の構造設計と小型技術の大きい挑戦です。この複製の天体力学の万年暦の構造はいわゆる複雑な機能の中で“天文”最も業績がある一つです。精確によく考慮してため西暦のすべての大きい小の月まで(に)変化することができる、ケリーは万年暦の腕時計にちょっと止まってDubois Depraz 5100モデルの型の研究開発の来るVaucher5401型自動的にの上から鎖のチップを搭載して、チップは1461日に達する“機械的な記憶”を配備して、4年です。その他に、時計の芸術の伝統に忠実なため、チップのはさむ板橋は“ジュネーブの装飾の紋様”に飾りを添えて、車台のメインボードの上で円形を潤色して紋様と藍鋼のねじに扮します。小型が陀の設計を並べてチップを更に細かくて薄くならせて、厚さの4.2ミリメートルだけ、小型は陀もブランドPhi標識とヘリカルを潤色して紋様に扮するのを並べます。