« 2017ドイツミュンヘンの時計の真珠や宝石展は明日開幕しますロレックスとパテック・フィリップのないのは度を押さえて区別します »

注意は度と温度修正を押さえるのがないをの区分します

法の分銅につやがありを並べてと並べさせるあって、振り子が順番に当たって多くのねじがあって、みんなはこのような度のを押さえるのがないのではないをのしっかり覚えて、これらのねじの効果は振幅を調整するのがでもなくて、温度修正を行って調節したので、このような車輪を並べて比較的年度の腕時計あるいは懐中時計がある中にただようやく見えるだけことができます。

いわゆる“カード度がない”、実は速度の針がないをの指すで、精度は並べるで上のに順番に当たって再びして調整した資格があるので、これらは再びたくさんの様式がある資格があって、効果が基本的で分銅に似ていて、これらの分銅はすべて対応するののと偶数で、並べるの品質の重点に順番に当たって中心あるいはへりに移動するのを調整して、揺るがす周期変える目的を実現して、度を押さえるのがないのは先入観にとらわれたのが法を言うので、実は“分銅の振り子”と言って、更に適切なようです。

温度変化は機械の時計と石英の時計についてすべてとても大きいのに影響するのです。石英の時計は25℃の下で最も正確で、温度は高く上がって、歩くのが遅くなりました。機械が表して温度変化の影響を受けるどれぐらいがあって、温度上昇の後で、金属の空中に垂れる糸の剛性は下がって、働く長さも変化ができて、もしも温度修正を行わないで、60華氏度に上昇しますと、33℃で、毎日の幸運な誤差は312秒増加するのを、6分半時計です。関係する振り子の順番に当たる温度修正もとてもおもしろい知識で、この問題を解決するため人がいて、ノーベル賞を獲得しました。