« ブルガリの第は1枚レディースの製造する超薄陀はずみ車の腕時計だけのために簡単なヘンリーが慕う時新しく勇敢に者の両地を作る時概念の腕時計のため溶けます繁雑だ »

最も薄いつやがある運動エネルギーの腕時計のシチズンEco-Drive40周年紀念のモデル

前世紀腕時計は閉じ込めて一回のワーテルロー事件が発生することがあってことがあって、地位のしっかりしている伝統のチップはいまだかつてない石英の危機を受けて、この時からもう大胆に日本のこの“島国”を軽視する人がありません。日本の腕時計メーカーを言い出して、広大な時計の謎がカシオ、セイコーとシチズンのこのようなブランドに対してすべて初めてのように感じることはでき(ありえ)ないをの信じます。


とセイコーはシチズンの歴史がそれがないのがそんなに古いのを比較しますが、しかしそれも運動エネルギー技術に任せてすみませんがきわめてしばらく赤いです。今すべてすでにこの技術を掌握した多くのメーカーがありますが、しかしシチズンはその定義は自分のコア技術であるでしょう。Eco―Drive(つやがある運動エネルギー)の技術の誕生40周年を紀念するため、シチズンが全く新しいEco―DriveOne旗艦に、を表すようにモデル出したのは現在のところの世界の最も薄いつやがある運動エネルギーの腕時計で、チップの厚さは1ミリメートル、だけあって殻の厚さの2.98ミリメートルを表します。


”世界の最も薄いつやがある運動エネルギーの腕時計を設計するため”、シチズンはチップのすべての部品と構造に対してすべて改めて設計を行いました。シチズンの誇りに思うつやがある運動エネルギー技術にもアップグレードを行われました。Eco―DriveOneはチップが変わりを更に薄いだけではなくて、エネルギー消耗も比較的大いに下がって、フル充電な状態を担当する下に10ヶ月運行するのを続けることができます。


その中、AR5014―04E(Eco―DriveOne限定版)の表す殻、およびAR5000―50E/ARの5004―59H2モデルの腕時計の表す小屋、採用するの陶性合金で、軽薄で美しいのかたくて丈夫な2種類の特質を兼備しますと。同時に、それはさらに腕時計の外観の色合いを維持して、そして金属光沢が現れます。AR5014―04Eが制限して腕時計の表す小屋が使って結合剤の硬質合金がなくて、しかもかたくて摩擦に強く防食は抵抗する酸化します。