« 賞賛時代の開拓者精神のモンブラン110周年のお祝い真珠の雌の貝の時計の文字盤で決めて格時間が気絶するだけ »

新しい装いを交換するのは更にすばらしいです!PP5204万カレンダーは両針の時間単位の計算を追って表します

パテック・フィリップ(PATEKPHILIPPE)は今年にバーゼルの時計展の中出した万年暦の両は針の時間単位の計算を追って5204Rを表で、今のところ新しい姿で再度みんなの目の前で現れて、当編の見に来る全く新しい5204/1のRです。以前の5204Rの銀色の時計の文字盤とと違い、全く新しい5204/1のRの時計の文字盤の採は黒色を使います。腕時計のバンドの部分、同じく前の皮革の腕時計のバンドをバラの金鋼の鎖に替えるために持ちます。上述のこれらの細部の変動、この万年暦に両が針の同じではない風格を追いを与えて、黒色の時計の文字盤とバラの金の組み合わせもももっとすばらしくて、そのため後続時計の謎達の反応は非常に人に期待させます。


この万年暦の両は針を追って新しい装いをかえたが、しかしその機能は依然として変動がありません。面白い1時(点)は、今年のバーゼル時計展の上で、この時計は決してとても大きい関心を受けなくて、しかしこの時計も複の様々な機能のシリーズ中できっと1モデルの傑作です。まず、それは製CHR29―535からパテック・フィリップを搭載します PSQは手動で鎖のチップに行って、毎時間振動周波数は2万8千8百回で、30分が計算器と連綿と続く運行の小さい3針を示して付属で皿を表示するのを跳びを付けてあって、動力の貯蔵は65時間続きます。同時に、パテック・フィリップも両で追って針時間単位の計算装置の上で2項の技術革新に参加して、初めは双針圧力計の秒の槓の竿のために新しいセパレータを交換して、その他に採はひとつので特許の新しい構造を得るのを待たねばならなくて、双針圧力計をさせる時秒針と時間単位の計算の秒針の重ねは確かに更に淮に相当します。


この腕時計の内で精巧な歯車チーム、双針圧力計の秒の時間単位の計算を隠して装置と万年暦装置を表しを積み重ねて、精密な複が様々で、しかし時計の文字盤の上の各情報が依然としてはっきりしていて読みやすくて、人を一目で分からせます。12時の位置の下、両ディスプレイウィンドウが設置されていて、週と月を表示します。位置に6時にそして期日表示皿が月相に解け合って表示するポインター式があります。その小さい3針が付属で皿がひっきりなしに運営するのを表示して、30分と計算器を示してそれぞれ9時と3時の位置に位置するのを跳んで、以上佈局は顕パテック・フィリップの設計の特色を尽くしと言えます。この全く新しい5204/1のR、もし前書きは言った、18Kバラの金の材質で製造して、殻の直径の40ミリメートルを表して、その黒色の時計の文字盤も18K金から製造するで、またバラの金鋼の鎖によく合って持って、全体は豪華な息が現れます。