« ブランパンの“芸術の大家”の仕事部屋の臻は非凡な技術の腕時計をつくります亜芸のシリーズの精密な微彫に達して抵当に入れて級の腕時計を隠しを飛びます »

赤い銅の技術と緑のほこりの溶液の鈍化している処理工程

赤い銅は主に銅と金の2種類の材質の構成する合金から。歴史の上で、赤い銅はずっと例えば刀のさや、装飾品と真珠や宝石などの器物を飾りに用いられます。熟練してい赤い銅技術の職人を掌握して、よくその作品の上で作品を彫刻するのを行って、そしてその他を添加して技術を飾ります。新作の腕時計の時計の文字盤の上“両牛争王”の図案は先に赤い金の材質を採用してまた小型のケーシング脚を通じて(通って)赤い銅の技術の時計の文字盤上で、固定的なことを製造します。引き続いて、それらをいっしょに投じてまで(に)銅塩の溶液の中で鈍化している処理を行って、合金の表面濃厚な緑のほこりの色合いを現します。異なったのは処理を液体に浸しておよび、液体に浸して時間が異なる色の色合いと色の強さを持ってきます。鈍化している処理のかすかな違いと深さは制御して、ちょうど試したのは師の視力と美学の賢い鋭敏性を彫刻するのです。時計の文字盤の上のブランパンのマークは馬と特に最高水位は皆ブランパンのから大家がきわめて精密な道具を運用して手製で赤い銅の技術の時計の文字盤の上で彫刻するのを彫刻します。

 

牛の首の上の首飾りは皆黄金を採用して製造して、そしてダマスカスを通じて(通って)金の技術を埋め込みして赤い金の製造する牛の体まで(に)象眼します。この工程を完成して、まず彫刻してなっていよう牛の体は再度心をこめて彫ってグルーブを開けて、それから軟質金属(このところの使用のが黄金だ)をグルーブの中に組み込んで、また精密に少しもまで(に)軟質金属のつち打ちを所定の位置について、それ平均的に敷き広げて、赤い金牛のからだと完璧に継ぎ合わせて、最後はまた上で手作業の浮き彫りを行います。