« あれらのトップクラスの表を作成するブランドの複雑な機能の腕時計をちょっと話します最も硬い地面水平標識、最新流行に集まります »

盛んな刺し縫いする海は1949年にまた開発してLuminorに水素の同位元素のトリチウムをしを主な夜光の物質にし

Luminor


盛んな刺し縫いする海は1949年にまた開発してLuminorに水素の同位元素のトリチウムをしを主な夜光の物質にして、かつ年初にみごとに特許を登録しました。盛んな刺し縫いする突然な霊感急に現在、1つの新しいシリーズを研究しないのが明らかに少し適当ではないだと感じて、そこでLuminorを表すそれからのクラシックがありました。その時に、Luminorも勢いに乗ってRadiomirに取って代わりました。


Luminor係のリストの殻の上のてこのロックアウト装置は腕時計の防水の深さを200メートルまで達させて、それは上鎖の蛇口すぐ側に寄って殻の特殊なてこ装置を表すことができるのを採用して、大幅に水の息がしみ込んで殻を表しを減らすことができて、同時に目盛りを配備して枠を表してそれによってダイビング時間を計算します。Luminorシリーズは蛍光機能の上でもトリチウムに変更して使用して提供しに来て、ラジウムの漆がその時の一大がもう成し遂げるのを称することができるのが必要でありません。


盛んな刺し縫いする海Luminorの中で、最もすばらしいのはその時計の冠は橋をかばったはずで、個人は甚だしきに至ってはこの設計がRadiomirに比べて更に備えるのが特色があると思います。でもRadiomir殻型の基礎があるで、組み合わせ上で橋をかばって、新しいLuminorがあって、同じくそれを盛んな刺し縫いする海の1つの非常に重要な特徴にならせました。