« Lumière de Nuit(極地の夜の光)本当の力の時にMilitary WWII »

Kokochnikはロシアの建物の丸天井の構造を形作って

KokochnikとMarqueterie:


        Kokochnikはロシアの建物の丸天井の構造を形作って、この独特な設計に目の前を再現させます。アーチ型の並ぶ米はあけて7.54カラットの皇室の青のミャンマーのサファイアをめぐって、および、10.98カラットの楕円はミャンマーのサファイアの深い米を切断します。ネックレスの上の天然の水晶の丸天井も共に20.31カラットのダイヤモンドを象眼して、きらきら光って人を魅惑します。


        Marqueterieの流麗な線、納雷什金巴とロックの建物に源を発します。Boucheron宝の詩の竜は2モデルの異なる色調の作品を献呈して、その中の1モデルの採用の湛のブルー系、アジュライトと真珠の雌の貝を象眼して、米であけて象眼を補佐します。もう一つのモデルはダイヤモンドでアーチ型の切断するオニックスとグレーの月の石をつけて、まばゆい輝きは驚かして神仙になります。