« 優雅なHarmonyと韻のシリーズの時間単位の計算の小さい型番ブルガリの華やかな源の高級の真珠や宝石展:探って美しくてたおやかな源まで(に)さかのぼります »

MONTBLANC 1858 Manual Small Second腕時計

2015年の下半期にMONTBLANCモンブランは地味に1858シリーズを出しました;いわゆる地味なののはそれがS.にいるのですI.H.H.W&Wとすべて紹介させられる正式がなくて、知名度のわりに低いSIARメキシコ国際高級の時計展上で露出をしたしかなくて、着いて年末に黙々として発売しました。ところが話はこのように1858ひとつのすこぶる潜在力のシリーズがありますが、一方の復の古飛が行軍して原本を表すとても人気があって、それに現在のところのすでに出した2つのデザインで見て、もちろんMinerva骨董のチップの時間単位の計算のモデル価格ラインを搭載するのは依然として高くて、しかしところがこの小さい3針はかなり入門したのは価格を予約して、だから位置を測定してまたブランドの知名度のサポートに乗って、続いて市場での上で一定競争力を備えたはずです。


モンブランは2007年から1858今年度を使って、1858はMinerva時計工場の創立の年度で、初めはそれを使ってVilleret1858このシリーズのために命名しに来るので、ここからMinervaチップのデザインを搭載するのに計画を立てて、しかしこれが今1858の新しいシリーズに設定多少異なって、もちろんその中の時間単位の計算のデザインの使ったのはまだMinervaチップで、しかしこの手は鍊小さい3針の設置したのところがETA6498システムの通用する型番に行って、血筋の上で異なっています。


採を表してとても標準的な復の古飛で行軍して錶の様式、教会堂式のポインター、アラビア数字を含んだ時標識と軌道式の小さい秒間の目盛りなど;このは設計してと簡単に依然として意図の場所を見てとれますが、最も外側のコースの5分の数字のフォントの選択が非常に本場なようで、これっぽっちの観察のその中の2、3、6はいくつ(か)の筆画を待って最もセンスがあります。全体の顔立ちの上で最も取り上げる価値がある自然は数万宝竜の古い版Logoを要して、このLogoはブランドが初期使ったので、近代初めて手首錶製品上で現れたと言えます;率直に言えばこのような当格の派遣したのに似ていて多くウシの毛のようだ行軍する錶市場の上の選択を飛んで、正統的な設計がまた人の区にあけるように引きつけて容易ではないことをするのを堅持して、しかしこの復の古いLogoはこの裡で適任この任務が成立して、錶モデルのためにただ1つの価値を創造して、とても賢い1手だと言えます。


サイズを表すのが大きくて、44mmがあって、でも復の古い飛行錶で合理的なサイズに属します;現在のところのモンブラン所属の基本のシリーズが多くて、でも大体行ってすべて40のmmぐらいの中のどうしても小さいサイズに属して、現行のの2種類の1858の搭載したのはすべて大の小道のチップで、サイズは当然大き目だしかしもし1つの大きい小道のシリーズの話を構成してかえってちょうど補い終わってブランドこのひとつの製品ラインにあるのについて。'は15年にSIARの発表する小さい3針のモデルで黒色ワニのベルトのによく合って版(858)を限定するので、あとでまたコーヒー色の牛のベルトとこのミラノの持つ普通なバージョンを出しました。今のところミラノは持ってほとんどすでに年寄りじみているイメージを抜け出して、回転してと外の一種の復の古い流行になって、でもまたよく合うのが依然として難度に属するわりに高くて、選ぶ時十分に注意します。


いいえ鏽鋼の材質/MB23.03が手動で鍊チップ/時、分けるの、小さい秒に行って/サファイアの水晶の鏡映面、透明な底が/水を防ぐ30メートル/錶小道の44.47mmをかぶせるのを表示します


顔立ちの上Logoは聞くところによるとモンブランの30年代使うバージョンで、MONTとBLANCはやはり(それとも)切って、文字と山形の筆触も十分にその時の印刷技術を反映しました。ポインターと数字の夜光の採は復の古い汎黄色を使いました。


冠を表すのはタマネギの形の様式だと言えて、でも比較的平たくて、端のモンブランの6ススキの星Logoは個がたいへん喜ぶ細部を求めるのです。錶鏡はBox凸面のサファイアの水晶ではい、狭い版の表す小屋を対比してもっと際立っているのに見えて、鏡の固定的な技術を表すのも大したものであるべきです。


今回は紹介するのミラノの持つバージョンで、腕時計のバンドの長さの調節は端の解体できる式の鍊祭によるので、ボタンを表してチョウが差し引くです。ミラノの持つ1つの問題は錶が錶殻の間の隙間を持つのがと少し大きいで、これのは抑えるのが良いと言えて、その上これはミラノの持つ特色の中の一つだと言えましょう。