« フランスの優雅なブランド――ヘルツのベルリンは70周年紀念のモデルを出しますシャネルMonsieur De Chanel »

2017バーゼルの時計のこれらのブランドも間もなく見得を切ます

従来3月23日―30日にスイスバーゼルで行う“時計の期のオスカー”の称のスイスバーゼルの時計の真珠や宝石博覧会(Baselworld2017)があります。概算統計によると、バーゼルの時計展は毎年どっと集まって1800の全世界のトップクラスの贅沢なブランドを上回って、15万近くのハイエンドのエリートの人の群れにこので集まるように引きつけます。


今回の展会の中で、中国の消費者の好きなスイスの有名な時計のブランドのクールの肥沃な(CUERVOYSOBRINOS)を深く受けられる、ルーマニア(Aerowatch)が好きだ、フランスの腕時計のブランドのヘルツのベルリン(MichelHerbelin)も新型を携えて見得を切るでしょう、筆者はこのいくつ(か)のブランドの一部の展示に参加する新型の直接の情報をもらって、みんなを真っ先に見てみたくさせます。


クールの肥沃な(CYS)の2017バーゼルの新型:クールの肥沃な135の周年紀念のモデル


クールの肥沃な135周年は特にモデルを紀念して、クールの肥沃なクラシックの円盤のビートルをそのまま用いて殻設計を表して、霊感はクール沃一族の前世紀の40年代の設計の原稿に生まれて、クール沃一族のシンボル的なオリジナルが中の一つを表すのです。三重段階の円盤は明らかな夜光を搭載して小さい3針に飾りを添えて、シンプルで少し丸く立体線の形の目盛りを飾って、上品で黒い時計の文字盤はクラシック黒色ルイスアンナ州ワニの皮バンドを付けてあって、並外れている風格を明らかに示します。


クールの肥沃な135の周年紀念のモデルは精密な鋼とK金の2つのバージョンを持って、クールで肥沃な130周年が特に基礎の上でアップグレードを合理化するのを行いを紀念するのです。もと130周年紀念のモデルはK金バージョンしかなくて、1―3―0数字は1―2―3時の目盛りの上で別れて、135周年紀念のモデルは数字の135はと1―3―5時目盛りが完璧に重なり合いを紀念するのを。


ルーマニア(Aerowatch)の2017バーゼルの新型が好きです:AEROWATCH–1942“Night&Day”


“NIGHT&DAY”は愛ルーマニアの1942定番の革新の収集のモデルで、真珠の雌の貝の時計の文字盤の上で展示して地平線を基準の天地の境にして、12時に位置に真珠の青いの標記があって、時計の文字盤の回転によって追跡しました太陽と月の出現時間。


太陽、月と地平線、時間の方法をこのように表現して人に不思議でそして意外な喜びを満たしを感じさせて、署名の差し引く小さい牛革の腕時計のバンドに付いていて更に描き出して気高い個性を表します。“NIGHT&DAY”は愛ルーマニア一族のデザイナーの傑作です。


ヘルツのベルリン(MichelHerbelin)の2017バーゼルの新型:ヘルツのベルリンの70周年紀念版の腕時計


その他に、今年もフランスの腕時計のヘルツのベルリン(MichelHerbelin)の創立70周年(1947―2017)で、だからヘルツのベルリンは特に今回の展会の上で1ヘルツのベルリンの70周年紀念版の腕時計を出して、そして霊感の1947と命名します。特に設計の霊感が20世紀に1ヘルツのベルリンの創始者のミッシェル・ヘルツのベルリン先生に生まれて40~50年代の初期創作するのを紀念して、全世界は500制限します。


丸いテント式は時計の文字盤を大きくして金属の針金をつくる太陽の紋様を飾って、金めっきする光沢の質感は小屋を表して、立体の金めっきの錐体形の目盛りはトフィーの針によく合って、小さい3針の設計はシンプルですばらしくて、茶褐色のベルトはあたたかい昔を懐かしむ息を配ります。敬意を表して向こうへ行って、これまでと少しも変わらない表を作成する技術を受けてその通りにして、時間のノンワイヤーの腕時計を鋳造して、創立する初めから永久不変のしっかりと守る追求を1ヘルツのベルリンのです。それ以外に、ヘルツのベルリンはまた(まだ)露出して一部の新型、その時同じく展会の上で展示するでしょう。


聞くところによると、宝が好きな時(EPOS)、ヨモギ美達(ArmandNicolet)、導くヴォス(DAVOSA)、格拉蘇蒂・モーラ(Muehle・Glashuette)、ヘンリー・慕う時(H.Moser&Cie)、豪快で明るい時(HAUTLENCE)、柏と高(PaulPicot)など多いブランドも新型を携えてバーゼルの時計展に見得を切るでしょう、これらは新しくモデルがすべて万で公式サイトの全世界を表して同時に前売りするでしょうを表します。